事業概要


  市野新田ダムは、柏崎周辺農業水利事業の一環としてその基幹施設を築造するもので、 柏崎市、刈羽村の2市村の水田3,590haに対し、農業用水の安定的な確保・供給を目的としています。 さらに、関連事業も加わり大型農業機械の導入を促進し、農業経営の近代化と営農の効率化を図ります。
主な内容は、水源として鯖石川水系に栃ケ原ダム、後谷ダム、鵜川水系石橋川に市野新田ダムの新設、 幹線導水路の新設、取水施設としては既存施設を改修等です。

ダム諸元
一般  
  河川名 二級河川鵜川水系石橋川  
    基礎地盤 新第三紀鮮新世米山層凝灰岩類  
堤体  
  型式 傾斜遮水ゾーン型フィルダム  
    堤高 26.7m  
    堤頂長 199.0m  
    堤頂幅 8.0m  
    ダム天端標高 EL241.7m  
    法面勾配 上流1:3.0 下流1:2.0  
    最低床掘標高 EL215.0m  
    堤体積 157,700m3  
貯水池の規模  
    総貯水容量 1,687,000m3  
    有効貯水容量 1,600,000m3  
    流域面積 4.4km2 (直接:1.2km2 間接:3.2km2  
    湛水面積 18ha  
洪水吐  
    型式 直線正面自然越流方式  
    設計洪水量 63.0m3/s  
    越流水深 1.2m  
    越流堰長 23.0m  
    洪水吐総延長 128.46m  
    減勢工 強制跳水式(副ダム)  
仮排水路  
    形式 トンネル式  
    設計洪水量 18.0m3/s (1/10確率流量)  
    トンネル断面 標準馬蹄形 2R=2.0m  
    トンネル延長 211.24m  
取水設備  
  取水形式 斜樋型式  
    取水量 最大Q=0.82m3/s